2014年04月18日

おらんくの海

4月18日 おらんくの海は 大荒れ !

今日は関西からのお客様を案内する予定であったのですが 天候にはかないません。

グラスボートはあきらめて、竜串海岸を案内することに。

昨日17日、「土佐清水をジオパークに」という準備会が発足しました。

この話は室戸市よりも先にあったのですが、その折々の首長には

取り上げてもらえず悔しい思いをして来ました。

それが昨年、泥谷新市長になって初めて動き出すことに。

13.jpg

「ジオパークとは」 では高知大学の吉倉紳一先生が詳しく説明をして下さいました。

14.jpg

土佐清水には その魅力がたっぷりとあるのだそうです。

15.jpg

地質だけでなく、その土地の歴史や文化、食べ物、動植物の知識、スポーツなどが

審査の対象ですが 中でも一番は

地元住民がどれだけジオパークを望んでいるか です。

泥谷市長を先頭にみんなで盛り上げて行きたいと思います。
posted by かもめ at 08:14| 高知 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですねえ!

ジオパークというと、室戸を思い浮かべてしまいましたが、こちらとてはるか昔からの地球のロマンがありますよね。

太古の生物の後が、また発見されそうで。

そういえば和歌山県の南の方も同じことを考えているらしい、と関西ローカルのNHKニュースで、1か月ほど前に報道していました。
Posted by leaves at 2014年04月20日 17:42
一つ一つの問題をクリアして 1回目で審査が通るよう 市民みんなで取り組みたいと思っています。
Posted by 船長 at 2014年04月21日 09:55
土佐清水の魅力をもっと知りたいです!
Posted by 飛龍伝 at 2014年04月22日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。